FXトレードの本質とは? ”あたりまえ”という無意識の冷静さ

FXトレードの本質とは何でしょう?
最近思っていることは・・・
如何に相場の動きを無視し続けられるか!
如何に冷静な自分であり続けるか!
と、いうことです。

これは、手法をある程度優位性があるものに固定できたトレーダーの領域でしょう。
その場その場の相場の動きに心を揺さぶられないためにも、相場の動きを無視し冷静な自分を保つことは絶対的に重要です。
FXで失敗されている方のほとんどは、相場に踊らされてしまいエントリーポイントを誤ったり、早計な損切りをしてしまうパターンが多いかと・・・
あっ、ちなみに相場を無視するといっても、戦略を持ってポジションを保有している間ですよ。
エントリーするまでは十分に相場を観察してくださいね(笑)。

私は、週足、日足、1時間足を用いたそれぞれ異なる手法でトレードしています。
1日のうち数回は相場チェックするのですが、週足や日足を用いた手法だと結構振れ幅があります。
ポジション数にもよるのですが、トータルで1日数100pips変動することもざらです。
でもなんだか最近は、特に慌てることもありません。
だって、私の手法においてはそれぐらい動くことは”あたりまえ”だからです。
下がることもあれば、上がることもある・・・数100pipsの変動などは”あたりまえ”。
なので、動揺することはないのです。

1時間足の場合は、もっと変動幅が小さくなりますが、こちらの手法は予め逆指値で損切を入れてますので、この範囲で動くのは”あたりまえ”上がろうが下がろうが関係ないのです。

時間足によって、売り買い反対のポジションを持つこともあります。
でも、手法が違うのでエントリー根拠が違うだからこれも”あたりまえ”です。

”あたりまえ”のことに振り回されないようにしましょう。

また、現在私は、自分で組み立てたオリジナルの手法でスイングトレードをしています。

でも、現状に満足しているわけではなく、不満も沢山あり、少しでも優位性を上げるべく日々努力をしているところです。
そういった中で、「これは!」と思うものについては、デモトレードで検証をしています。
現在も、今とは全く異なるスイング手法を一つと、現在のスイング手法を短い足に適用したデイトレード(こちらはトレーニングという位置づけですが)を検証中です。
———–
そして実は、検証中のスイング手法が良い感じなのです。
現在のスイング手法よりも良さそう・・・
優位性も高そう、チャンスも多い・・・
はっきり言って、現在の手法を止めて乗り換えてしまおうかと考え始めたところです。
手法をコロコロと変えるのは良くないのでしょうが、ここ数ヶ月の結果を比較すると、明らかに新たな手法の方が良いのです。
この件については、近いうちに結論を出したいと思います。
———–
一方で、検証中の新しいスイング手法からヒントを得て、新しいデイトレード手法のアイデアも生まれました。
こちらは、過去に経験してきたデイトレードの手法を活用しつつも、全く違った視点から組み立て直した新手法です。
この手法に関しては、自分なりの考えがようやくまとまり、検証用メタトレーダーのインジケーター設定が整った段階です。
今後、しばらくはデモトレードで検証してみようと思います。
———–
少し前なら、新しいアイデアを思いつくと、すぐにリアルトレードで勝負していたのですが、デモトレードの手順を踏むようになったこと自体、ヘボトレーダーの私も少しは成長しているようです(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク