エリオット波動?今まで無視していたけど・・・活用してみよう!

最近、改めて「ダウ理論」を勉強してみて気付いたことがあります。
「エリオット波動」って、「ダウ理論」の延長線上にある物だったんですね。
「エリオット波動」という理論があることは知っていましたが、何だか”神秘的=胡散臭そう”と考え無視していました。
しかーし、ダウ理論がトレンドの定義を表しているのに対して、エリオット波動では波の分類、その特徴、性格に至るまで、かなり細かく記されていると聞いては無視してはいられません。
しっかりと勉強して見ようと思います。

エリオット波動とは、ラルフ・ネルソン・エリオットという人が提唱した、相場のトレンド(波)に関する理論です。
エリオット波動では、このトレンドの波に対して法則性を見出したものです。
この理論を利用することで、現在の相場がトレンドの初期なのか、それともピークなのか?といったことがわかります。
その波とは、「上昇5波」「下降3波」

其々の波の値動きの特徴は・・・
・第1波: ゆっくりとした動きで上がっていく
・第2波: 第1波の上昇分を帳消しにするような強い動きで下落する(が、完全に帳消しにはならず、途中で再び上昇に転じる)
・第3波: 最も強く長い上昇で本格的なトレンドに入る。5波の中で上昇率が1番になるケースも多い
・第4波: 高値持ち合いのまま複雑な動きで空中戦に突入。徐々にバブル色が出てくる
・第5波: 上昇スピードが速く、バブル時の急騰で相場のラストを飾る
そして上昇トレンドは終わり、一気に下落へ向かう…

エリオット波動では、以下の3つの法則が提唱されています。
5つの波の値動きの特徴と、下記の3つの法則を活用することで、現在の相場状況が見えてきます。
法則1: 波動3が波動1、波動3、波動5の上昇の中で一番短くなることはない
法則2: 波動2が波動1のスタート地点を下回ることはない
法則3: 波動4が波動1の高値を割り込むことはない

元々、エリオット波動は、人間の群集心理によって創りだされたものだと考えられます。
でも、エリオット波動を意識するトレーダーが多数いたとしたら・・・
エリオット波動によって、群集心理が動かさせることもありそうです。
もちろん、エリオット波動は必ず当てはまるわけではありません。
あくまで、ヒントを見つけるための判断材料であることを忘れないようにしようと思います。

”神秘的=胡散臭い”という理由だけで無視してきましたが、今後は意識しながらトレードに生かしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク