【ビットコイン】暴落大歓迎!

17日(火)の深夜、
正確には18日未明から同日夜にかけて
ビットコインが暴落しました。

500ドル一気に暴落し、
その後一気に元値に戻すという
なんとも派手な値動きをしました。

「500ドル」と聞いても
今一つピンと来ない人もいるかも知れませんが、
円建てに置き換えると
約5万5000円。

早い話、約10%もの暴落を
わずか半日で達成し、
さらにはその後の半日で
何もなかったかのように元値に戻したワケです。

ひとたびトレンドが発生すると
ひたすらその方向に伸びているのが
お分かりいただけると思います。

僕はこれぞ
【ザ・ビットコイン相場】だと
そう思っています。

ではなぜ
このような動きになるのか?

その答えは
現状のビットコイン相場には
機関投資家がいない からです。

「機関投資家がいない相場」とは、
要するにほぼ個人投資家のみで
形成されていることを意味します。

個人投資家ばかりで
形成されている相場はどうなるか?

下落→パニック的な投げ売り
上昇→俺も俺も!の買い上がり

このように、
上昇も下落も一方向に伸びやすくなるワケです。

ここまでの話から
あなたは一体ナニを思いますでしょうか?

「これってめっちゃチャンスじゃね?」

もしこう感じたならば、
あなたは
今からの数年間で
億単位のお金を稼げる才能が
充分あると僕は思います。

ビットコインや
それ以外の仮想通貨に
投資をしているほとんどが
「ただ保有しているだけ」の人です。

すると暴落時は
たちまち恐怖に支配され、
安値で売らされたり、

あるいは急騰する様を見て
慌てて買い直しに走ったり、

ただただ相場に
振り回されるだけとなりがちです。

仮に投げ売りはしないまでも、
暴落の恐怖に慄きながら
寝れない夜を過ごし、

翌日値を戻したのを見て
ホッと胸を撫でおろす・・・

そんな日々の繰り返しなワケです。

これ・・・
僕から言わせると
『実にもったいない』話となります。

だって、急落を始めた際には
徹底的に下げることを分かっているのですから、
「BTC-FX」などで
ショートポジションを持つことで、
死ぬほどカンタンに利益が出せるわけですよ。

もし「FX」をやらないまでも、
急落時に現物のBTCを
いったんUSDや日本円に戻しておき、

暴落が収まったところで
買い直すことで、
『ビットコインの枚数』が増やせます。

参考までに僕はこの考え方で
年初に買った「10BTC」を
追加購入なし
現在「120BTC」まで増やしました。

ここでひとまずの結論。。。

ビットコインの値が騰がれば「資産」が増える。
ビットコインが暴落すると「枚数」が増える。

だから僕は、
ビットコインの暴落は大歓迎!

このような立場なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク