「情報」か?「技術」か?

今年の初め、
「1BTC=10万円」だったものが
一年未満で軽く8倍近くまで伸びたワケで、

かねてから
「こうなるだろう」とは思っていた僕も、
実際目の当たりにすると
その勢いには正直驚かされています。

2018年3月までに
「1BTC=150万円になる説」の話ですが、

本音で言いますと
いったんその前に
かなり激しい暴落はあるように思っています。

あ、今後の暴落については
仮に当たったとしても
自慢するつもりもありません。

そもそも僕は
ビットコインの値が騰がろうと下がろうと、
そこで利益を出すだけの話なので。
※ここは後述します。

ところで、
昨今のブームに伴い
仮想通貨マニアの間では、

ビットコイン以外の
いわゆる「アルトコイン」や「ICO」に関する情報も
この間、各種飛び交い続けました。

やれ、次はどのコインが騰がる?とか、
今度のICO案件はどれだけ期待出来そう?とか、

短期間で一気に数倍になり得る話も多かったので
僕も一時期その手の情報には
かなり敏感に反応したモノでした。

けど・・・

徐々に僕はその手の「情報」に
関心が向かわなくなってしまいました。

なぜなら、
ビットコインを直接トレードしちゃうほうが
手っ取り早くBTCを増やせることに
途中から気づいてしまったからです。

実際にどうなるか分からない「情報」より
「己の技術」のほうが俄然信用出来る。

まぁ「トレーダー」が本業の僕ですので
ここは至極当然の成り行きだったんだと思います。

正直に言いますと、
僕は「情報」に基づく仮想通貨取引でも
トータルでは利益が出ています。

けど、ぶっちゃけ
手痛い損切りで終わったケースも複数ありまして、

言うほどは儲かってないのが実情です。

これ、言っちゃうと
怒られちゃうかも知れませんが、
おそらく世間の「仮想通貨マニア」の多くも
さほど儲かってはないんじゃないかなって想像しているんです。

いや、どっちかというと
トータルでは損してるケースのほうが
多いんじゃないでしょうかね?

あなたは「情報」に対し、
どのような見解をお持ちでしょうか?

あ、もちろん情報そのものを
否定する気は一切ありませんよ。

我々が生きていく上において
「良質な情報」はなくてはならないことを
僕も充分理解しているつもりです。

けど、こと「投資」については
『情報だけ』では不充分じゃないか?

ここを最近強く思うんです。

例えば
株なんかでも言えますけど
「この銘柄が騰がりますよ!」って情報から
それを購入したとして、

そんじゃどのタイミングで売るの?って
話になるワケです。

売り時まで教えてくれるのなら
まぁそれもアリっちゃアリですが、

だとすると
「箸の上げ下げまで指示待ち」になるわけで
そんな投資、
おっかなくて仕方なくないですか?(汗)

とてもじゃないですが
僕はそんなこと出来ません。

だって「自分の金」ですからね。

仮にどんな「良質な情報」であっても、
重要なのはその活用法だと僕は思います。

特に相場は「騰がれば下がる」ワケで、
最終的にもっと騰がるかも知れない銘柄でも
その途中で暴落したタイミングで
怖くなって損切りしちゃうのが人間だと思うんですよ。

だとすると、
相場に対する一定の
「知識」や「技術」がなければ
結局は儲けることなど出来ない・・・

これがひとつの結論だと
僕には思えてならないのです。

ちなみに僕は、
今年のアタマに購入した10BTCを
9月末時点で128BTCに増やしました。

これはすべてトレード、
つまり僕なりの「技術」による成果です。

僕はブロックチェーン技術の素晴らしさも
ある程度は勉強していますが、
けれども世間の「仮想通貨マニア」と比べたら
赤ん坊レベルの知識しかありません。

けど、
こと「トレード」となったら
そこは俄然僕のフィールドでして
彼らに負けるはずもないワケです。

そう考えた際、
結局投資で稼ぐのに必要なのは「情報」より
「技術」なんじゃないのかな?って。

もしこのブログを
トレード初心者の仮想通貨マニアって人が
お読みになっているなら、
その人に僕は言いたいです。

死ぬほどの努力をしろ、
とまでは言いませんが
それでも曲がりなりにも
「投資(投機)」をする以上、

最低限の相場の知識や、
最低限のトレードの『技術』について
学んでおいた方が良いと思いますよってね。

一定の「技術」を有することで
初めて「情報」が活きる。

これが結論だとつくづく思う
今日この頃の僕なのです。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク