【BTC】12月1日のブレイクアウト解説

以前のブログでも言いましたが、
良い機会なので
あなたになんとしても覚えておいて欲しいことを
もう一度・・・

それは
『予想屋にはなるな!』です。

投資経験の少ない人は
僕に対し、よくこんな質問をして来ます。

「ビットコインはこの先いくらまで騰がるの?」
「次はいつ暴落するの?」
「暴落したときはいくらまで下がるの?」

↑これを当てようとするのは
「予想屋」か「予言者」の仕事です。

僕は「トレーダー」でして、
トレーダーとは
発生した状況に対し【対応】するのが仕事なんです。

例えば上記画像のようなトレードを
ブレイクアウトと言うのですが、
あれは赤い線を抜けたから買うワケです。

もしですよ、
本当に最初から騰がるのが決まっているのなら、
もっと前の安いところで買えますでしょ?

けど、そんなことを僕はしません。

なぜならその時点ではまだ
騰がるか下がるかなど誰にも分からないからです。

ところが、赤い線を超えた時点で
多くの参加者が「よし!抜けたぞ!」

こう思ってみんなが買いにくるから
そこで初めて上昇に勢いが出るのです。

特に初心者の人は、
今日のお話の中でこれだけは
覚えて帰ってください。

トレードは
「予想」をするのものではなく
【対応】をするものだってこと。

参考までに、実は僕・・・

上記の赤い線ブレイクの前の時点で
「おそらく騰がるだろうな」と思っていました。

今すぐ自力で勝ちたい人は
ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク